貸切バスの利用料金計算体系

出発地から目的地まで、ドアトゥドアで移動することができる貸切バスは、集団旅行や集団イベントなどの際に便利に利用することができるものです。そんな貸切バスの利用を考える場合については、やはり知っておきたいのがその料金制度についてでしょう。

貸切バスの料金制度というのは、平成26年の4月に運賃制度の見直しが行われたことによって、それ以前と以降とでは大きく変化しています。この制度改正によって、バスの利用料金はある程度制御されるようになっており、値引き競争のようなものには制限が加えられるようになっています。そのため、従来に比べると、料金が高くなっている場合もあります。

それでは、実際に貸切バスの料金はどのようにして算出されるようになっているのでしょうか。貸切バス料金の算出には「時間制運賃」と「キロ制運賃」という2つの方法が利用されており、この2つを合算した料金が利用料金として算出されることになります。これに、運賃とは別の特別料金や追加料金などを加えることによって、実際に支払いが必要になる料金が算出されます。

まずは貸切バスの時間制運賃のシステムに付いて紹介します。こちらのシステムのポイントとなっている時間換算ですが、これは「バスの出庫前点検」の時点からであるということです。つまり、バス会社の車庫との距離がどうであるのかということによっても、料金が変更されるようになっています。

さらに、車庫に戻った後の点検の時間についても料金に含まれる仕組みとなっている上、運行料金としての最低保証時間数が3時間として設定されているため、どのように短い運行プランを考えたとしても少なくとも5時間分がこの料金として換算されます。次に、キロ制運賃についてですが、こちらについてもスケジュール内の距離だけでなく、車庫からの距離についても加えられることになります。ただし、点検の時間については時間制料金としては加算はされません。

これらに加えて、深夜や早朝に利用する場合については運行分の2割を限度とした追加料金、長時間・長距離の移動となる場合については運転手の交代配置を行うための料金、利用するバスの種類によっては特殊車両割増料金などが発生することになり、これらを総合することによって利用料金が算出される仕組みです。

見積もりが高くなる場合、どの部分が料金を引き上げてしまっているのかについて注意すると良いでしょう。場合によっては、どうしても追加料金が発生することもあるでしょうが、見積もりは無料名ところが多いので、一度見積もりを出してもらってもいいかもしれません。