団体旅行なら中型バスを貸切バスで

町内会での旅行や、あるいは会社での旅行など、大人数での旅行を行う場合にネックとなってしまうこととして移動手段が挙げられます。団体旅行の場合、公共交通機関を利用することによって発生してしまうデメリットが多く存在しています。例えば、公共交通機関ではほかの利用客もいるため、配慮をする必要があります。

これだと、せっかくの移動時間を楽しく過ごすことができないデメリットも生まれてしまう可能性もあります。さらに、公共交通機関の場合、乗り換えが必要になってしまうケースがあります。少人数ならともかく、大人数での団体旅行の場合、この乗換がスムーズに進まないと乗り遅れなどの問題が発生してしまう可能性があるため、ここも考えなければならないところです。

こういった時に利用することができる方法の1つとして、貸切バスの利用があります。貸切バスであれば、上記のような「ほかの利用客」や「乗り換え」の問題というのは発生しません。ドアトゥドアで、プライベート空間で目的地までたどり着くことができるようになっているためです。それでは、団体旅行の際にはどのような種類のバスを貸切バスとして利用するのが良いのでしょうか。

これについては、団体の人数によっても違いがあります。人数が30名に満たない程度なのであれば、中型バスを貸切バスとして利用するのが良いでしょう。この中型バスを貸切バスとして利用する場合のメリットとして、まずはトランクが利用できるという点が挙げられます。

荷物が多いような、例えばスキー旅行などのような場合、トランクがないマイクロバスでは乗ることができる人数が減ってしまいます。中型バスであればその心配はありません。また、中型バスはサロンバスとして利用できるようになっている場合が多いというのも、団体旅行に向いている理由の1つとなっています。

オプションとして車内設備が利用できるようになっていることが多く、例えば、座席のテレビや再生機器、マイクなどが使用できる車種も多くあります。この他にも、カラオケが付いていたり、冷蔵庫が利用できて移動時間からのみながら楽しむ事ができる場合もあります。

基本的に中型バスは車種の区分としては大型車となります。車種によっては特大車両としてカウントされている場合もあり、高速道路などの有料道路を利用する場合については料金の差が発生する可能性もあります。そのため、事前に旅行会社との間で相談をし、特別料金の部分についても見積もりをとっておきましょう。